噛むということは、歯の重要な役割です。歯科医は、噛めなくなった歯の病気を治したり、病気にならないように予防を行っています。でも最近は、ただ噛めるようにするだけでなく見た目をより自然に、時には虫歯で無い歯でさえも見栄えをより良くするよう患者さんから求められたりします。これら、噛むことだけでなく、見た目の美しさも追求する治療を、特に“審美歯科”と言います。
誤解を恐れずに判り易く言えば“歯の美容整形”と言えます。



歯の美容の種類
補綴矯正(ほてつきょうせい)
同じ歯並びを整える治療でも歯列矯正とは対照的で、歯を削った後に被せるかぶせものによって歯並びを整える治療です。
インプラント(人工歯根)
人工の歯として使うインプラントという治療法について
PMTC(ポリッシング)(艶だし)
通常の歯磨きでは落ちない汚れを、プロが丁寧に隅々まで汚れを取り除いてくれる治療方法です。
ブリーチング(歯の漂白)
PMTC(歯の艶だし)だけでは満足いただけない方におすすめです。
ラミネート ベニアークラウン
ブリーチングだけでは望みの白さを手に入れられなかった方にお勧めです。
歯肉整形(歯ぐきの整形)
歯ぐきの位置を歯のほうに少しずらすことで黒ずみを隠す治療方法について
矯正歯科
年齢別に詳しく治療内容を紹介しています。