写真

お母さんとお子さまの歯について

大切なお子さまの歯について詳しく解説してあります。
・応急処置
・赤ちゃん健診
・お母様のための歯と口の健康

写真

歯についての質問

歯についてのご質問に、ズバリお答えします。

写真

歯のおもしろ探検隊

歯のおもしろさ情報が満載!

写真

妊婦さんの歯について

妊婦さんと歯はとても重要な関係です。

写真

歯の治療内容

  • 虫歯
  • 歯周病
  • 予防
  • 口臭
  • 歯の美容

トップページ>ママページ>>歯周病治療について

皆さん、毎日のお食事をおいしくお召し上がりですか? 食事をおいしく頂くためには、丈夫な歯、心身の健康、それと おいしいお料理が必要ですが。。。
お料理については 他のホームページにお願いするとして、ここでは、歯から始める健康づくりを考えたいと思います。
そこで今回は、歯周病についてお話し致しますのでじっくりとご覧下さい。

歯 と 歯の周りの構造
sisyuubyou01.jpg

この絵は、健康な歯と歯の周囲の構造(歯周組織)図です。  歯周組織は、歯肉(歯ぐき)・歯根膜・歯槽骨などで出来ています。  歯周病(歯槽膿漏)の初期は、歯肉に炎症が起こることから始まります。
一方、歯根膜は歯根の周囲を包み込み、かみ合わせ時の圧力をやさしく受け止めるクッションの役割をしています。  歯と歯槽骨(歯を支える骨)は、歯根膜を介してつながっていますが、歯周病が歯肉を超えて進行すると、歯根膜に細菌感染による炎症が発生します。  その結果、歯を支える歯槽骨が吸収し(溶け)始め、根っこを支える骨の1/3 を失うと歯が少しずつ揺れ始めます。  歯が揺れ始めると歯槽骨の吸収速度は更に加速され、歯周病は一気に重篤化します。

 

 

●歯肉炎と歯周病について。

歯周病(歯槽膿漏)は大きく分けて、歯肉炎歯周炎に分けられます。
炎症の範囲が歯肉に限局し、歯槽骨の吸収が始まっていないのが歯肉炎。
炎症が、歯肉を超えて侵攻し、歯槽骨を破壊しているものが歯周炎です。
歯肉炎と歯周炎では、原因となる細菌の種類が異なります。

歯科疾患実態調査によると。。。
日本人の場合、歯肉炎は15歳から増え始め、20代前半ですでに60%の若者がかかっていると言われます。
一方の歯周炎は、30歳ごろから増え始め、50才代で約80%の人がかかっていると言われるほど多くの方が悩んでいるお口の病気です。  歯周病は、“ だれもがかかる ありふれた病気 ”ですが、「静かなる病気」と呼ばれるほど自覚症状がほとんど感じられない病気で、気づいたときには、歯の支え(歯槽骨) がボロボロになり重症になっていた、と言うこともあます。 そうなってしまうと、しっかりかむ事が出来ないので、おいしい食事は望めません。 歯周病を予防するには、早期発見、早期治療がキーとなりますが、日頃から油断することなく、少なくとも半年に一度は、かかりつけの歯科医院で受診されることをお勧め致します。
 

●歯周病(歯槽膿漏) はこんな病気です

ここでは、“歯槽膿漏 ”の名前の由来について述べてみたいと思います。
“ 歯槽膿漏 ”という名前の由来は、歯の根っこを支えている歯槽骨が溶けて、歯肉の内側辺りから膿が漏れ出してくることから、一般的にはそう呼ばれるようになりました。  現在、歯科医学的には、辺緑性歯周炎または歯周病という病名で呼ばれています。  歯槽膿漏とは、つまり歯ではなく歯の周り(歯周組織)の病気というわけです。
sisyuubyou02.jpg
   


●歯周病の原因

歯周病の直接的な原因はプラークですが、その他にも、さまざまな因子が関わっていると言われています。 プラークは、単なる“ 食べかす ”のように思われがちですが、そうではなく、食べかすに群がった虫歯菌や歯周病菌をはじめとする多種多様の微生物のかたまりがプラークなのです。  調査によるとプラーク1㎎のなかに1億個の微生物がいると言われており、その中には病原性を持つ細菌だけでも多種類が共存していて、歯周病は、その中の歯周病菌が引き起こす病気なのです。
一方、歯石と言われるものは、プラークが時間の経過と共に硬くなったもの(石灰化)ですが、 表面がザラザラしているので、その上には新たなプラークが容易にたい積して来ます。 プラークが歯石になってしまうと、もう歯ブラシでは除去できませんから、 歯科医院で除去してもらう必要があります。 ですから、プラークが歯石に変化する前に、“ 毎食後“しっかりお手入れする必要があるのです。


歯周病を引き起こす、その他の原因としては。。。

1. 喫煙 :  喫煙される方は、ニコチンの影響で毛細血管の血流が悪くなるので、細菌の侵入に対する抵抗力が低下します。 その為、歯周病が進行し易く、 また、一旦 炎症を起こしてしまうと治りにくく、プラークもつき易くなります。 そして、タールの影響で歯肉の色が黒ずんで不健康に見えます。

2. 糖尿病 : 全身の抵抗力が低下するため、歯周病菌に対する抵抗力も弱まり、歯周病を急速に悪化させると言われています。 また逆に、歯周病の悪化が、糖尿病を悪化させることが知られており、現在はこの相関関係の解明に研究者が注目しています。

3. 女性の思春期、妊娠、更年期 :  ある種の女性ホルモンは、歯肉や骨の代謝に影響を及ぼして、歯肉に炎症を起こすと言われています。  特に、思春期・妊娠期・更年期など、ホルモンバランスが不安定に成る時期はその傾向が強く現れます。

4. ストレス :  心身症の例をあげるまでも無く、過剰なストレスが、心身に様々な悪影響を及ぼすことは広く知られておりますが、口に関連する分野では、歯軋りや、食いしばり、肩こりなどがストレスに原因すると考えられています。 特に、ストレスによる咀嚼筋(顎を動かす筋肉)の緊張(異常収縮)が歯に与える過剰な負担は、歯周病を誘発したり急激な悪化を招きます。 また、 ストレスによって身体の抵抗力が低下して炎症を起こし易くするとも言われていますから、歯周病の治癒も遅れます。

5. 口呼吸 :  鼻ではなく、主に口で呼吸することを口呼吸と言いますが、口呼吸をされている方は、口の粘膜が乾燥するので細菌の攻撃に対して弱くなり、風邪や虫歯・歯周病など細菌感染による炎症をおこし易いと言われています。

6. 食生活 :  軟らかい食べ物や甘い食べ物ばかり食べていると、食後30分を経過する頃には、歯の表面が多量のプラークに覆われることになります。 また、偏食をすると栄養摂取のアンバランスから丈夫な身体造りが出来なくなり、細菌感染に対する抵抗力の低下を招きます。 結果、歯周病菌の勢いに負けてしまいます。

7. 歯並び :  歯並びが乱れているところは、歯ブラシの毛先が充分に届かないので、その部分にプラークが残ります。  時間の経過と共にプラークは歯石へと変化を遂げ、歯周病のリスクが更に高まってしまいます。  

 

 

●歯周病の進行状態 と一般的な処置。
 
☆ 健康な歯周組織
sisyuubyou03.jpg
      

歯肉溝(歯と歯ぐきの境目:青矢印)にプラークがたまらないように、適切なブラッシングが必要です。         
健常な歯肉溝の深さは 0.5~2mm ですが、3mmを超えると 歯肉溝とは言わず、歯周ポケットと呼ばれ病的な状態を意味します。

処置:
3~6カ月に一度の定期検診を行い、歯と歯ぐきのクリーニングによってプラークコントロールをしっかり行ないます。


☆ 歯肉炎
sisyuubyou04.jpg   
歯肉溝にプラークがたまり、歯肉に炎症が起きた状態です。 その結果、歯肉溝の深さは3mmを超え歯周ポケットと呼ばれるものができてしまいました。 この段階では、歯を支える歯槽骨は吸収していませんので、適切な処置により健康な状態にもどすことができます。

処置
3カ月に一度の間隔で定期検診を行い、 ブラッシングにて改善をはかります。 歯石の付着があるところは歯石の除去とルートプレーニング(根面の研磨)を行う場合があります。


☆ 軽度の歯周炎
sisyuubyou05.jpg
   
これがいわゆる歯周炎です。  歯周ポケットは、4~5mm ほどの深さになり、ポケット内にプラークや歯石がたまるので炎症傾向がより強くなり、歯肉の色が赤みを帯びてきます。
歯を支える歯槽骨の吸収も始まります。 溶けた骨は、炎症が退いても元に戻りません。 

処置
時には麻酔をして、歯石の除去とルートプレーニングを行います。 歯周ポケットの深さが5mmを越えると、手指の感覚で行なう歯石の除去が不確実となり治癒が遅れるので、歯周病のこれ以上の進行を食い止めることが出来るか否かは、歯の将来は大きく左右します。


☆ 中等度の歯周炎
sisyuubyou06.jpg   
炎症が進行して歯周ポケットが更に深くなります(6~8mm)。 歯槽骨の吸収も明らかで、健康時の半分位の骨が既に吸収されて喪失しています。 歯を指で押すと弱干ぐらぐらしてきます

処置
麻酔をして歯石の除去とルートプレーニングを行います。  症状が重いところは、再び歯石の除去とルートプレーニングを行なうか、または、歯周外科手術へ移行します。


☆ 重度の歯周炎
sisyuubyou07.jpg  
 歯のぐらぐらも著しくなり、歯肉も全体的に真っ赤、もしくは赤紫色になり、腫れたり、出血や排膿したりします。  この頃になってやっと咀嚼(お食事)時の痛みが顕著になります。

処置
歯を保存(抜かずに残す)できるようであれば歯周外科手術や、再生療法を行ないますが、残念ながら抜歯となる場合も高い確立であります。  抜歯した後は、傷の治癒を待って、ブリッジ、入れ歯、インプラントなどの処置に移ることになります。  こうなる前に、何とか歯周病菌を退治したかったのに。。。 無念さが残ります。


▲このページのTOPにもどる

「ママページ」トップページに戻る