写真

お母さんとお子さまの歯について

大切なお子さまの歯について詳しく解説してあります。
・応急処置
・赤ちゃん健診
・お母様のための歯と口の健康

写真

歯についての質問

歯についてのご質問に、ズバリお答えします。

写真

歯のおもしろ探検隊

歯のおもしろさ情報が満載!

写真

妊婦さんの歯について

妊婦さんと歯はとても重要な関係です。

写真

歯の治療内容

  • 虫歯
  • 歯周病
  • 予防
  • 口臭
  • 歯の美容

トップページ>ママページ>>糖尿病の方は歯周病ご注意

糖尿病などの血糖コントロールのむずかしい方は、歯周病になりやすいといわれています。その傾向がハッキリしたのは、 住民の半数近くが糖尿病になるというアメリカの村を調査・研究した結果。 なんと糖尿病のグループは2.6倍も歯周病になりやすいことが分かりました。その理由は、 血糖値が高い状態が続くとからだの免疫機能が低下し、感染予防等の働きを持つ白血球やマクロファージ(※)のはたらきが悪くなるので、 感染しやすくなったり、糖分を多く必要とする歯周病菌が増えやすくなると考えられています。
最近では、歯周病が血糖値に悪い影響を与えることが分かってきました。病巣から出る炎症にかかわる物質(TNF-aと呼ばれます)が、 血糖値を下げてくれるインスリンのはたらきを鈍らせてしまうのです。血糖コントロールのむずかしい歯周病患者さんの歯ぐきの炎症は、 確かに治りにくいです。しかし、歯周病を治療すると血糖値が改善されこともあります。定期的なお口のクリーニングによって、 お口の健康が維持されますので、早めのお手当が何よりです。
糖尿病の方や体重オーバーで糖尿病の恐れのある方は、かかりつけの歯医者さんで歯周病チェックをお受けください。 太った方は炎症にかかわる物質(TNF-a)がからだじゅうを巡っているので、歯周病に何倍もなりやすいそうです。ということは、 インスリンの機能が低下するので、糖尿病チェックはもっと重要ですね。


(※)マクロファージ・・・からだの異物を認識して無害化します。(掃除屋ともいわれます)


当サイトのメディカルアドバイザー
日本糖尿病協会登録歯科医・日本歯周病学会会員
江原 一三


▲このページのTOPにもどる

「ママページ」トップページに戻る