写真

お母さんとお子さまの歯について

大切なお子さまの歯について詳しく解説してあります。
・応急処置
・赤ちゃん健診
・お母様のための歯と口の健康

写真

歯についての質問

歯についてのご質問に、ズバリお答えします。

写真

歯のおもしろ探検隊

歯のおもしろさ情報が満載!

写真

妊婦さんの歯について

妊婦さんと歯はとても重要な関係です。

写真

歯の治療内容

  • 虫歯
  • 歯周病
  • 予防
  • 口臭
  • 歯の美容

トップページ>ママページ>お母さんとお子さまの歯について>>学校健診でお子様が“例の紙”をもらったときのチェックポイントについて。

1)学校検診の意義

学校歯科健診では、一般的には歯及び口腔の疾病及び異常、特に齲歯、歯周疾患、不正咬合その他の疾病及び異常について検査します。学校健診は、短時間で多くの生徒さんの口の中を検査します。歯並びや、歯肉の状態、大きな虫歯の有無はわかりますが、歯の間の初期の虫歯を見つけるのは大変難しいです。従って、かかりつけの歯医者さんで詳しく検査してもらうと、「他にも虫歯がありますね」と言われる可能性はあります。逆に、健診で虫歯として指摘されたけれど、歯科医院ではがんばれば、進行をとめられる可能性があり、このまま治療せずに経過観察して行きましょうと言われる場合も有ります。ではなぜ学校健診を行うのでしょうか?という疑問も出てきます。
一つは、虫歯の有無などを定期的にチェックすることで、早期治療に結び付けることができます。また、放置されている大きな虫歯等が見のがされることはまずありませんので、早期発見ではありませんが、それ以上の進行を食い止めることはできると思います。
もう一つの意義としては、学校、区市町村、または国単位での健診結果を集計・分析して、現在の子どもたちがどのような虫歯やお口の状態に有るかを把握し、これからの行政の対応を決める資料になります。では、健診で虫歯を指摘されたらどうしたらいいのでしょうか?まず用紙をもらったら用紙をよく見てできるだけ早く受診しましょう。



2)学校検診でもらう紙のチェックポイント(一部解説の順番が用紙と異なります)

学校健診で虫歯の指摘をうけ、まず用紙をもらったら用紙をよく見てみましょう。健診01.jpg
まず、虫歯の本数をチェックしましょう。

① “ 虫歯がある”と書いてあったら。。。



                                    乳歯残根・第一大臼歯虫歯

小さなお子さんでは、ご家族の方にチェックをお願いします。 (親に見せるのを嫌がるようでしたら、本人に鏡を使わせて虫歯の場所と状態をチェックさせて下さい。)
だいたい、どの歯の事を言われたのか見当がつくと思いますが、大きな虫歯が見つかった時には、急いでかかりつけの歯医者さんに連絡を取って下さい。  もし、虫歯がどこに有るかわからないようでしたら、それほど大きな虫歯ではないはずです。  その場合、それほど急がなくても大丈夫ですが、たとえ痛みなどの症状がなくても必ず歯科医院で詳しく検査をしてもらって下さい。
健診で虫歯の指摘を受けても、生え変わりの時期が近い乳歯は処置をせずに観察の対象になる時もあります。  また、永久歯の虫歯でも、小さいものは直ぐに削ったりせずに、正しいお手入れの指導と、フッ素を用いて虫歯の進行を止めながら経過を見てゆく場合があります。  治療方針については、かかりつけの歯医者さんとよく相談してお決めになることをお勧めします。
また、健診で虫歯の指摘を受けていなくても、歯科医院でレントゲン検査等を使って詳しく調べると、歯と歯の間などに隠れた虫歯が発見されることがあります。  歯と歯の間の虫歯は、外から見えなくても、また症状が無くても、歯の内部でかなり大きくなっていることがありますのでご注意下さい。  学校検診後の歯科医院での精査が終了したら、半年後に再度かかりつけの先生の点検をお受けになることをお勧めします。


・歯科健診時の虫歯に関する(C、CO、△、×、○等)用語の説明


今、お子さんを育てている方の子供時代にも、もちろんあったと思いますが、これは歯の状態を表すサインです。
学校によって記載方法が異なることもありますが、乳歯、永久歯ともにこのサインを用いてチェックします。

C(シー):ただちに処置を要するもの。Cは、英語で「骨が壊れる」という意味の単語 caries を略したものです。

○(マル):虫歯治療が完全に終わっている歯を意味します。

CO(シーオー):気をつけないと、むし歯になりそうな歯。
でも、うまく管理できると、虫歯の進行が止められる。
 初診時  → 7年初診時
健診02.jpg 


△:永久歯の喪失歯
×:要注意乳歯。(抜歯か保存の適否を慎重に考慮する必要がある乳歯)



② “ 要注意乳歯有り“ と書いてあったら。。

これは、永久歯との生え変わりが近くてグラグラしていたり、歯冠が透けて歯ぐき色のピンクが見えていたり、あるいは、もう横から永久歯が生え始めていたりする歯のことです。  要するに、うまく生え替わるか見守ってあげる必要のある乳歯、そろそろ抜いた方がいいと思われる乳歯のことです。  最近は、永久歯の歯並に影響を与えそうな乳歯や、レントゲン検査が必要な乳歯も要注意乳歯としてチェックしています。
特に、下から永久歯が生えて来ているのにあまりグラグラしない乳歯は、スムーズな生え替りが困難なことが多いです。その場合は、無理をせず歯科医院で抜いてもらった方がいいでしょう。  また、強い力で無理矢理に抜こうとすると、乳歯の根が折れて残ってしまったりすることもあり注意が必要です。  
少し動かしてみて、全然動かない時は、早めに受診して下さい。健診03.jpg


中には、自然に抜けるまで放っておいても大丈夫なこともありますが、自己判断せずに、一度かかりつけの歯科医院で見てもらう方がよいと思います。
また、例えその歯が抜けたとしても、歯科医院で詳細な検査をお受けになることをお勧めします。



③ “ 歯みがきが不十分です。“ と書いてあったら。。。
健診では前歯の歯の汚れ(歯垢)の付き具合もチェックします。  歯の汚れのチェック基準は以下の通りです。
歯の汚れ(歯垢)を三段階に評価をします。(学校検診では、染めだしをしませんが、染めだした写真で比較しましょう。)


スライド58-.jpg

☆ 歯みがきが不十分ですと言われたら、歯磨きのママチェックをお願いします!




④ “ 歯肉に炎症が有る“と書いてあったら。。。

まだ子どもなのに歯肉が腫れていると指摘されました。そういうこともあるのでしょうか?』 というご質問を保護者の方から頂くことがあります。  少数のお子さんですが、小学生でも歯肉に炎症が起こる場合が有りますので、学校検診では当然、歯肉炎の有無もチェックします。  大人の歯槽膿漏のように重症なものはまずありませんが、歯ブラシが行き届かない状態が長く続くとその部分に炎症が起こります。  また、歯並びのでこぼこが原因で上手に磨くことができないお子さんもいらっしゃるので、保護者の皆さんには、ご家庭での歯磨きチェックと歯磨き指導をお願いします。

健診でのチェック基準:歯肉(歯ぐき)


歯垢染色0-.jpg

GO:歯垢と歯肉の状態を総合的に判断して、歯肉に軽度の炎症が認められているが、歯石沈着は認められず、本人の注意深いブラッシングを行うことによって炎症症候が消退するような歯肉。

G(1・2):歯垢と歯肉の状態を総合的に判断して、歯科医による診断と治療が必要な歯肉。

☆ 小学生の場合                                               小学生で歯肉の状態が悪いと言われると、『子どもなのにまさか!?』 と思われる方が多いのではないでしょうか?
大人の方のいわゆる歯槽膿漏のような重症例はまず見られませんが、下の前歯の裏側に歯石がついていたり、歯肉の状態があまり良くないお子さんを見かけます。 多くの場合は、あまり歯ブラシが上手にできていないことが原因です。 また、歯並びに凸凹があるお子さんでは、どうしてもへこんでいる歯に接している歯ぐきの状態が良くないように思いますので、お子さん任せにせず、時々保護者の方がチェックして下さい。  かかりつけの歯科医院で相談していただければ、上手な歯ブラシの仕方を教えてもらえます。  既に歯石がついている場合は、きれいに清掃してもらいましょう。  お子さんの歯肉の炎症は、きちんと歯ブラシすれば比較的短期間で治ってしまいます。  私が、校医をさせていただいている小学校では2・4・6年生に歯磨き指導を行っています。  皆さんの学校では、いかがですか?
☆ 中学生の場合
最近、皆さんご存知のように子どもの虫歯は少しずつ減少しています。  しかし、小さい頃はご家族に仕上げ磨きをしてもらい、小学生の頃は言われた通りきちんと磨いて虫歯も少なかったお子様が、親の管理が行き届きにくくなる中学生頃からすっかり歯磨きをサボってしまい、たくさんの虫歯を作ってしまうということもあります。  けれども、もう小さい子どもではありませんから、周囲がやかましく注意しても、自分で納得しなければ毎日の習慣として歯磨きを続けることは難しくなります。  しかし、ここで正しい習慣を身につけさせないと、お口の中の微生物(誰にも必ず住み付いています)が性悪な(しょうわる)種類に占領されて、将来早い時期に歯槽膿漏になってしまう可能性があります。  (歯槽膿漏)=(抜歯)という訳ではありませんが、ご本人も、きっと若い内に入れ歯を使うようになりたくないはずです。   中学生が検診で歯肉の炎症を指摘された場合には、かかりつけの歯科医院で本人に歯磨きの大切さをよく話してもらいましょう。  歯や歯肉の汚れが、将来どんな結果につながるかを、まず、本人に理解してもらうことが必要です。



⑤ “ 歯並びが悪い“ と書いてあったら。。。 

これらの場合は、健診のお知らせで初めて知る方がいらっしゃるようです。  虫歯などの指摘を同時に受けている時には、まず、かかりつけの歯科医院で虫歯治療の際に御相談になるとよろしいでしょう。  早めに矯正を始めた方がよいという診断であれば、矯正治療専門医などの御紹介をいただけると思いますが、急ぐ必要がない場合には、定期検診をお受けになりその都度、噛み合わせをチェックしていただくことをお勧めします。  歯並び以外に指摘がない場合でも、最初は、できるだけ早くかかりつけの先生にご相談されることをお勧めします。
かかりつけの先生がない場合は当サイトの矯正歯科の項をお調べになり、矯正治療を受けられる医院をお探しください。
下に、学校健診で不正咬合と判断される不正咬合の種類をあげておきます。
不正咬合の種類は大きく分けると次の4つに分けられます。

A.八重歯、乱交歯(叢生)                                        
歯がデコボコに並んだり、犬歯が本来生えてくる場所から外れたところから生えてくるもので、日本人には大変多い  症状です。 顎が小さいために歯の生える場所が足りなくなって起こります。 健診06.jpg
 
B.出っ歯(上顎前突)
前歯や上顎の骨そのものが前に出ているもので、一般的に上下の歯の前後差が8ミリメートル以上をいいます。
顎骨本体が、前に出すぎているような場合には早く治療を始めることが大切です。

健診07.jpg

C.受け口(下顎前突)
噛み合わせが、三本以上の歯に渡って普通と逆で、下の歯が外側、上の歯が内側になっているものです。  下顎の骨が大きくて上顎より前に出ている場合もあります。  ご両親のどちらかが受け口だったり、遺伝的に下顎が大きくなる傾向にある場合には、小学校低学年から治療を開始して顎の成長が終わる十代後半まで治療が必要な時もあります。

健診08.jpg

D.開咬
口を閉じても前歯や横の歯が上下で噛み合わない(非接触)状態のことです。  その為、食物が噛み切れない場合もあります。 また、発音が不明瞭になったりもします。 前歯の開きが6ミリメートル以上の場合は要注意です。                              (「さしすせそ」などの摩擦音が特にしにくいので、英語の場合などはとくに大きなハンディとなります。)

健診09.jpg

八重歯、出っ歯、受け口等の噛み合わせの悪いものは、すべて矯正治療の対象となります。  歯並びの不正には、この他にもいろいろ種類があり、その中のいくつかが複雑に絡み合っている場合もあります。  不正咬合は、お口の中の自浄作用(唾液で汚れを洗い流す作用)の低下につながり、虫歯、歯周病(歯槽膿漏)の原因となるだけでなく、噛む力の片寄りが頭痛を起こしたり、噛む力の低下により顎の関節に痛みを覚える「若年性顎関節症」といわれる疾病にまで発展する恐れもあります。  しかも、不正咬合による咀嚼(そしゃく:かみつぶすこと)不良が、胃に負担をかけたり、消化を悪くしたりもします。  その他に、歯が邪魔で発音に影響を与えたり、心理的には、悪い歯並びを気にして非社交的になったりすることがあります。  矯正治療を始められる方の多くは、審美的要素を重要視されます。  しかし、お口本来の“噛む”機能の回復も重要なポイントで、これらの機能を回復させなければなりません。  例えば上顎前突の場合、つまり出っ歯の方は、どうしても下唇が上の歯の下に出ますからHの発音がFになります、開咬の方は、前歯が閉じないのでSの発音がTHに、下顎前突は通常、舌の位置が前方あるいは下にありますので、独特の甘えた声になります。  このように、発音障害の多くは、歯列と密接な関係を持ち、それら悪い部分を矯正することで正しい発音が得られるようになります。  
不正咬合が引き起こす、身体的・精神的な問題点、そしてそれを改善する矯正の必要性をご理解いただけたでしょうか?健診でのチェック基準


歯ならび・かみ合わせ・あごの状態 
0 ・・・ 異常なし
1 ・・・ 定期的な観察が必要
2 ・・・ 専門医(歯科医師)による診断が必要
歯並びの状態1

健診10.jpg

並びの状態2
健診11.jpg


口腔(お口)の検査に当たっては、お口の中だけでなく、顎、顔面の全体、口唇、口角、舌、舌小帯、口蓋、その他口腔粘膜等の異常についても注意して見ております。  毎年、学校健診をお手伝いさせて頂いておりますが、最近は、歯並びの悪い子供たち・悪くなる可能性の高い子供たちが、年々多くなっているのではないかと感じます。  私が“最近増えているのではないだろうか?”と心配しているのは下の写真のように咬み合わせが偏位(いがんでいる)している子供たちです。
健診12.jpg

⑥ その他の注意するケース

過剰歯      癒合歯         エナメル質形成不全  14歳多発性虫歯  
健診13.jpg 
上唇小帯異常        舌小帯異常
健診14.jpg



⑦ 早期発見・早期治療について 


その疾患の種類によって意義は違ってきますが、歯科の場合、早く見つけて早く治すことでそれ以上の進行を止められる場合が多く見られます。  進行してしまった虫歯、「神経」に届いているような深さのもの、虫歯がさらに進んで歯ぐきが化膿してしまったような場合、こうなると治療の期間も長くかかります。  中には、抜かなければならないことも発生します。  “もう少し早く来てくれていれば。。。”と、内心思うこともあります。  その一方では、虫歯になり初めたばかりの歯を、我々歯科医院スタッフの元で丁寧に管理・指導することで、削らずにそのままの状態を維持できる事もあります。  最近コマーシャルなどで盛んに言われている、“再石灰化”を期待すると言う事です。  すべての病気にはこの早期発見・早期治療もっとも大切です。  学校健診で紙をもらったら、上手に健診の結果を利用して、大切なお子様の成長発育・健康維持のために役立てて下さい。  そして、できるだけ早く受診してください。





保育園園医・小学校校医 江原歯科 江原一三


▲このページのTOPにもどる

「お母さんとお子さまの歯について」トップページに戻る