写真

お母さんとお子さまの歯について

大切なお子さまの歯について詳しく解説してあります。
・応急処置
・赤ちゃん健診
・お母様のための歯と口の健康

写真

歯についての質問

歯についてのご質問に、ズバリお答えします。

写真

歯のおもしろ探検隊

歯のおもしろさ情報が満載!

写真

妊婦さんの歯について

妊婦さんと歯はとても重要な関係です。

写真

歯の治療内容

  • 虫歯
  • 歯周病
  • 予防
  • 口臭
  • 歯の美容

トップページ>ママページ>お母さんとお子さまの歯について>>お母様のための歯と口の健康

歯と口について
 1,歯と口の基礎知識

歯の構造

歯の構造

歯の構造2

<歯の根の数>
 上下前歯と下の第一・二小臼歯は1本
(上第二小臼歯は一本と二本の両方ある)
 上大臼歯は根が三本最も咬む力が強い歯です。
 下大臼歯は二本。
 犬歯の根は最も太くて長いく、丈夫な歯です。
 下第三大臼歯は一本と二本の両方あるが、
 退化傾向にあり、無い人もいる。


 



歯の名前


歯の構造3   歯の構造4

 

歯の発育と生え変わりに関する注意点


 上の歯の生え変わりの図です。
歯の生え方

(左上図)妊娠六ヶ月で赤ちゃんの歯の芽が出来始めます。


「つわり」がきつくて、うまく食事が出来ないお母さんは、 産婦人科の先生とよく相談してください。


六ヶ月頃から乳歯が生え始め、三歳頃に生えそろいます。
この頃には大人の60%ぐらいの力で噛むことが出来ます。


しっかり咬む練習して下さい。更に、大人の歯の芽が出来始めます。

離乳食時期からでも栄養のバランスを考えてください。

六歳頃から大人の歯に生え変わり始めますので、 歯並びに注意して下さい。

12歳頃に大人の歯が生えそろいます。
18~20ごろに親知らずが生えてきます。

(無い人もありますが、 生え方に注意して下さい)


乳臼歯部の生え変わり方の注意点


歯の構造6

 

乳歯の根の内側が溶かされながら永久歯が上がっていきます。
溶ける速さと上がる速さがうまくいかない時、 痛みが出るときがあります。痛みが続く時は来院下さい。

 


 


 

生え変わっていく様子が良く分かりますね?


歯の構造7


乳歯の役目


歯の構造8

 

 

乳歯は咬むだけでなく、うまく永久歯に生え変わるために大切な役目あります。

 

 

 

 

 


 

 



年齢別の歯を失った数 永久歯の平均寿命

チーフアドバイザー 江原歯科 江原一三


▲このページのTOPにもどる

「お母さんとお子さまの歯について」トップページに戻る