写真

お母さんとお子さまの歯について

大切なお子さまの歯について詳しく解説してあります。
・応急処置
・赤ちゃん健診
・お母様のための歯と口の健康

写真

歯についての質問

歯についてのご質問に、ズバリお答えします。

写真

歯のおもしろ探検隊

歯のおもしろさ情報が満載!

写真

妊婦さんの歯について

妊婦さんと歯はとても重要な関係です。

写真

歯の治療内容

  • 虫歯
  • 歯周病
  • 予防
  • 口臭
  • 歯の美容


 ◆運営者紹介◆

酸蝕歯について


知らないうちに、歯が溶ける 怖ぁ~い現象!?

「酸蝕歯(さんしょくし)」ってご存じですか?

飲み物や食べ物に含まれる【酸】は、歯の表面のエナメル質を一時的に軟らかく(脱灰)してしまいます。 
この時に誤った方法(過大な力や乱暴な横磨き)で歯磨きを行なうと、エナメル質が傷ついたり摩耗したりします。
これが頻繁に繰り返された結果、エナメル質が薄くなったところでは その下にある象牙質が透けて見える “ 歯の黄ばみ ” 、エナメル質が消失してしまった部分では “ 知覚過敏 ” が起こります。また、症状が軽いからと言うことで そのまま放置すると、重症化して更にいろいろな症状が現れてきます。
虫歯の場合と違って酸蝕歯は、歯が広範囲に、しかも複数の歯が同時に脱灰されるのが特徴で、ダメージがひどければ歯を抜かなければならなくなることもあります。
ですから、酸蝕歯から大切な歯をしっかりと守るために、以下のことを参考にご注意下さい。

今なら間に合うかも?

〔 これが、酸蝕歯の特徴の一つです。 〕

01.jpg
☆ 歯は一見健康に見えるかもしれませんが。。。


02.jpg
☆ 裏側からライトで照らすと、歯が薄くなっているのがよく分かります。



< 酸蝕歯への道 >             

◎ ステップ1 : 酸による影響。最近私達が摂取している食物。。。

例えばワインや、多くの果物、お酢などの調味料、胃液には、いろいろな形で “ 酸 ”が含まれています。   酸がある一定の時間以上 歯に触れると、身体の中で最も(骨よりも)硬いと言われるエナメル質でさえ(脱灰されて) 軟らかくなり、同時にミネラル分の一部が失われます。  やがて、唾液が酸を中和し 口腔内が自然なバランスを取り戻すと、エナメル質は再びゆっくりと硬化・修復して来ます、これを再石灰化と言います。  しかし、この修復プロセスには時間がかかるため、もし修復途中で再び酸に接してしまうと、歯は硬化・修復の機会を失ってしまいます。   虫歯は、細菌による攻撃が歯の一部分に行なわれるが、酸蝕は酸のベールに包まれた歯の全ての部分で同時に進行する。

◎ ステップ2 : 傷んだ歯への暴力的な刺激。
軟らかくなったエナメル質は摩耗し易いので、歯を強く磨き過ぎたり、歯ぎしりをすると、エナメル質が剥(は)がれたり、削れたりして薄くなり、温度の刺激や細菌による攻撃に対して無防備になります。  

◎ ステップ3: 危うい生活習慣の繰り返し。
このように、食事などに含まれる酸によって起こるエナメル質の急激な摩耗は、酸蝕歯と呼ばれています。   酸蝕歯の進行に関わる要素はたくさんありますが、一番大きなものは、歯に触れる酸の濃度と頻度(回数)。  そして次に、酸から歯を保護する唾液の量と質(緩衝能=防護力)です。  ライフスタイル・食習慣・歯の質は、一人ひとり異なりますが、最近の食生活は「酸」を多く摂取する傾向があり、そのために酸蝕歯が増えてきているとの報告がなされています。  歯が酸の影響をどれだけ受けるかは、いろいろな要素が複雑に関連して合って決まりますが、危険な食習慣と、誤った生活習慣の繰り返しにより 歯の寿命は確実に短くなってしまいます。

◎ 予防と治療 : 「さんしょく(さんしょく療)し(しん)」になってしまったら。
一度ダメージを受けた歯は、簡単には元に戻りません。  初期の酸蝕歯は、予防処置とホーム ケアで元に戻すことも可能ですが、進行した酸触歯の場合、喪失したエナメル質に代えて白い樹脂や被せものによる治療が必要になります。  従って、日頃から生活習慣に伴うリスクを最低限に保ち、歯のお手入れを適切に行って頂くと共に、定期的に歯科医院でのチェックを受けて下さい。

◎ 酸蝕歯は、どうして最近クローズ アップされているのか?
近年、お口や歯の お手入れ・治療において、材料・技術が発展したことにより、歯の生存率が上昇し寿命も延びました。   その結果、歯が酸や過度のブラッシングに晒される期間が長くなり、多くの歯にとって「酸蝕歯 」は身近になりました。  実際に臨床現場でも、目にする機会が増えて来たのですが、言い換えるとこれは歯が疲れた状態=「歯の疲労」と言えます。  酸蝕歯は、初期の段階では痛みも刺激もないことから深刻な状態になるまで気が付かない人が多いようです。  一度 酸で溶けた歯は元に戻すことができませんから、生活習慣から歯の健康を見直して頂き、定期的に歯科検診をお受け下さい


◎ むし歯と酸蝕歯はどう違うのか?
砂糖やでんぷん質を含んだ食品を摂取すると、口腔内(お口の中)のバクテリアがこれの食品からエネルギーを取り出し、後には酸が残ります。  そして、その酸が歯のエナメル質を溶かすと虫歯が出来ます。  むし歯の特徴は、隣り合う歯と歯の間や、歯と歯ぐきの境目、などバクテリアが生息する不潔な部分にしか出来ません、しかも、多くの場合、1~2本程度の少数の歯に発生するだけです。  しかし 酸蝕歯は、バクテリアや砂糖とは無関係で、酸にさらされた全ての歯に同時に起こるので被害はより深刻です。

◎ 酸蝕歯の原因は?
酸性度の高い食品や飲み物を頻繁に摂取し、お口のケアーを怠ると酸蝕歯を引き起こします。   通常、歯のエナメル質が酸にさらされて溶け始めても、唾液の作用でお口の中が中和されやがて歯の修復作業(再石灰化)が始まります。 しかし、この修復プロセスはスピードが大変遅く、もし その途中で歯が再び酸にさらされると プロセスの最初に戻ってやり直すことになり再石灰化が遅々として進まなくなります。   このことから、酸を摂取する量ではなく回数が多いほど、また歯に酸が接触する時間が長いほど、歯が傷むということが言えます。   ワイン、フルーツ・ティーや、果物などの中にはかなり酸性度が高いものがあり、歯にダメージを与える可能性があります。   だからといって、酸性の食品の摂取を避けるべきではありませんし、避けることは簡単でもありませんが、摂取の頻度と、摂取方法、摂取後のケアーについては気をつけて頂く必要があります。   “食べたら磨く ” は、昔も今も 人類共通のあい言葉です。 ⇒ キーワード?


◎ 酸蝕による、歯に対する影響  
“ 酸蝕 ”とは、酸がエナメル質を溶かすことを言いますが、その結果、エナメル質が薄くなり、歯の表面性状のみならず、歯の形や色まで変化してしまいます。  そして 多くの場合、知覚過敏の原因にもなります。   初期の酸蝕歯には下記のようなサインが現れますが、この段階で歯の異常に気付くことは稀で、殆どのケースでは病状がかなり進んでからでないと気付きません。  ですから、心当たりのある方はすぐに受診されることをお勧め致します。
 ☆ 酸蝕の <初期段階 >
* 知覚過敏 : 歯ブラシによる摩耗でエナメル質が消失し、下から象牙質が露出して来ます。  象牙質はエナメル質より軟らかく、刺激に対して敏感な部分でもあります。  熱いもの、冷たいもの、甘いものを摂取したときにしみるのは、象牙質が刺激されるためです。
* 歯の色落ち ( 色の変化 ) : エナメル質が薄くなって、下からより色の濃い象牙質が透けて見えることによって歯がやや黄色く(濃く)見えてくることがあります。
* 歯の形態の変化 : 歯が磨耗し続けた結果、ヤスリをかけたように角が取れ丸みを帯びてきます。

 ☆ 酸蝕の〈中期段階以降〉  
 
  * 歯の透明化 : 前歯の先端が薄くなり、向こう側が透けて見えるときがある。
    * 色落ちの進行 : 露出した象牙質が見えてくることで、歯が暗黄色から茶色になることがある。
  * ひび割れ : 歯の先端部分がひび割れたり、ギザギザ になることがある。
  * 重度の知覚過敏 : 象牙質が露出したまま長期間経過すると、重度の知覚過敏になることがある 。
* クレーター化 : 歯の噛み合わせの面に象牙質が露出すると、エナメル質の部分より早く磨耗するので小さな凹みとなる。  これが更に深くなると2次的に虫歯が発生することもある。

◆ 酸蝕歯は、全ての年齢層で起きるものです。  また、酸蝕歯になってしまったら元に戻すことはできません。先ずは、予防することが大切です。  この機会に、生活習慣(お手入れ)と食習慣の見直しを是非!
  ホームケアー
* 酸性の飲み物は飲み方に注意してください。
 酸を長い時間お口の中に溜めているような飲み方は、避けてください。 ⇒ のど越しで飲む!
* 酸蝕歯に注目し、軟らかくなったエナメル質の再石灰化を助ける作用に着目した成分が含まれているハミガキ剤を使って、毎日、二回を目安に歯磨きしてください。    
          ⇒ 通常の歯磨きと うがいをした歯に、歯磨き剤でトリートメント!

◆ 食事由来の酸から歯を守るには、いくつかのステップがあります:
* 酸性飲料はなるべく早く飲む-決して口の中で長く放置して置かない。
* ストローを口の奥に当てて飲むのも効果的。 ⇒ 歯と酸の接触を避ける。
* 歯ブラシは硬い毛のものは避け、歯磨きは、ゆっくり・優しく・じっくりと。
* 定期的な歯科検診を受け、心配な事柄を発見したら気軽に歯科医などの専門家に相談する。

チーフアドバイザー  江原歯科 江原一三



◎ 主な食品の酸性度表。

下記はどの食べ物がもっとも酸を含んでいるのかという信号ガイドです。  セルフ ケアの参考にしてください。
    ☆ 酸性度 :  赤 - 高い  |  黄色 - やや高い  |  緑-中性

● 朝食の例:
* ハムエッグ

* ソーセージ
* 酢の物、ピクルス
* シリアル(牛乳入り)
* トースト

* バナナ
* グレープフルーツ
* イチゴジャム
* ハチミツ

●ランチの例:
* オリーブ
* ハンバーガー
* チキンとチップス
* トマトソース
* ジャガイモとマメ

* サラダのドレッシング

●夕食の例:
* ロブスターとごはん
* 茹でたサーモンとブロッコリー

* バルサミコドレッシングのサラダ

● デザート:
* チーズケーキ
* チョコレートケーキ
* エクレア
* フルーツサラダ

●飲み物:
* 牛乳
* 紅茶
* ビール
* フルーツティー
* オレンジジュース
* 柑橘系ジュース
* 黒酢
* 赤ワイン
* 梅酒
* スポーツドリンク
* 栄養ドリンク
* ビタミンドリンク


トップページに戻る